598湯目…岐阜県高山市 奥飛騨温泉郷 栃尾温泉 荒神の湯

帰りに立ち寄りました。

本当は手前にある「新穂高の湯」に入りたかったのだが真夏は子ども連れが水着着て
入っているので全裸入浴は避けたほうがいいという宿舎の主人の忠告通り素通りする
つもりでしたが、ちょっとだけ覗いたら全裸VS水着は5:5で全裸軍団にはなんと
若い女性のいるようなので本当に入りたかったのですが温泉妻に引っ張られて…_| ̄|〇;

仕方ないので少し走った公園に隣接しているということで、ここで我慢しました。

DSC03055.jpg

寸志200円をしっかりBOXに投入して…入湯!

DSC03059.jpg
川の方からの露天風呂

=====================================
源泉名:宝3号、蒲田16号、クリア谷1号、
    新穂高2,3,4,5,8号の混合泉
泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)PH:7.1
   ほとんど無色透明 無味無臭
源泉温:72.9度 湧出量:L/分…表記無し

露天:2…手前25人ぐらい、奥15人ぐらい

カラン:無し アメニティ:無し
=====================================

この日はあいにく手前のメイン露天だけに湯が張られて奥は空っぽでした。

湯っこはこれといった特徴があるものではなく露天からロケーションを楽しむ
施設のようです。

DSC03058.jpg

蒲田川に向かって全裸仁王立ち!も猛暑で熱せられたコンクリートの上では
5秒が限界です(爆)

今回の奥飛騨温泉郷攻撃は宿舎×1、外湯×2と非力な結果に終わりました。

事前準備も甘く、「まっとうな温泉・東日本版」に奥飛騨温泉郷10湯掲載、
内5湯が無料入浴可なのを忘れてました…^^;

奥飛騨温泉郷オフィシャルサイト…露天風呂
スポンサーサイト

597湯目…岐阜県高山市 奥飛騨温泉郷 麓庵 民宿たきざわ

少し早めにチェックインして湯っこ頂きました。

ここは内湯×2、露天×2を普通なら男女入替とかで使わせるところを、なんと
全て貸切制で使わせるシステムです。

予約じゃなく開いていたら内湯は札をひっくり返して「入浴中」にして中から鍵を掛けて
露天はフロントで札を借りて入口に引っかけ鍵を掛け1時間未満で利用するようになってます。

左側内湯以外は比較的空いていたので3湯はササッと片付きましたが大きいので人気の
左側内湯は翌朝朝食後やっと入れました。

DSC02965_20130824141449209.jpg
右側内湯

DSC02996.jpg
左側内湯

DSC02974.jpg
手前露天

DSC02981.jpg
奥側露天

=====================================
源泉名:中尾温泉 内野泉
泉質:単純温泉(低張性弱酸性高温泉かな?)
 PH:5.4
 無色透明 無味無臭 弱酸性を呈する。
源泉温:70.0度 湧出量:601L/分(自然湧出)

右側内湯:1…5.6人
カラン:3個 アメニティ:ボディソープ、シャンリン ドライヤー:1個無料

左側内湯:1…6,7人
カラン:4個 アメニティ:ボディソープ、シャンリン ドライヤー:1個無料

手前露天:1…5,6人
カラン:無し アメニティ:無し

奥側露天:1…5,6人
カラン:無し アメニティ:無し
=====================================

源泉は噴気泉のようで高温蒸気の湯気ですからあっさりとパンチのない温泉ですが

それでもこれだけの浴室を全て貸切制とはアイデアの勝利、人気の秘密でしょうか。

DSC03000.jpg

温泉分析表が掲示されていなかったので、近所の足湯に掛けられていたものを引用しました。

麓庵・民宿たきざわオフィシャルサイト

596湯目…岐阜県高山市 奥飛騨温泉郷 平湯温泉 ひらゆの森

夏休み後半の金曜日16日スタートしました。

中央道松本ICから上高地に向かって左折して安房トンネルを抜けたらありました。

DSC02939.jpg

かなり混んでいるような雰囲気の中、駐車場も遠くに止めて辿り着きました。

受付で温泉夫婦500円×2を払って…入湯!

===============================
源泉名:水石の湯
泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(硫化水素型)
 中性低張性高温泉 PH:6.6
 ほとんど無色透明、硫黄味・炭酸味・硫化水素臭を有す。
源泉温:58.2度 湧出量:(表記なし)L/分(掘削動力揚湯)

内湯:1…25人ぐらい
サウナ:1…12人 水風呂:1…3人

露天:7…木製1個で岩作りが大小6個、1個半屋根付きでそれぞれ4人から最大20人ぐらい

カラン:30個 アメニティ:ボディソープ、シャンリン ドライヤー:5個設置スペースに4個・無料
===============================

最初は観光センター的なところと舐めていましたが、結構いい匂いを漂わせ
特に露天の上から3番目の大型岩風呂右端から注入されている源泉は素晴らしく
湯口周辺コーティングも見事な硫黄イエローに染め、湯口周辺を擦れば白濁ワールドですワ…(^^♪

湯の華も他の浴槽は細かいものばかりですがここだけが消しゴムカス、木綿糸くず状の
でかいのがユラユラと漂って奥飛騨温泉郷の潜在能力を知らしめるには十分な一湯でした。

DSC02938.jpg

ひらゆの森オフィシャルサイト