FC2ブログ

津軽富士、融雪進行中!

嶽温泉に入るのはやめて、青森に戻ります。

途中、道路の横に除雪した雪が
岩木山に負けない勢いで頑張ってますヨ

スキー、ボードは無理ですが雪合戦ぐらいなら
軽く遊べますから…^^;



岩木山に降った雪はドンドン融けていくのでしょうが
雪解け水は地表にも行き渡ったのか、道路にまで
溢れているところも、あるぐらいで…

青森県では春になると
「融雪、なだれ、洪水注意報」という気象注意報が発表されますが
青森に来た頃は、山だけの事と思っていましたが

雪がまだあると思って乗ったら、ボコッ!と側溝に落ちたり…
側溝のゴミを掃除してたら、勢い良く自分まで流されたり…





こんな事に注意しなさい!ということでしょうネ

ちょうど「八戸 わ」ナンバーのいかにも仙台以南の観光客が
雪の上をヒョイヒョイ歩いていたが…

「落ちろ、落ちろ、落ちろ・・・」

落ちません…(>_<)クソ


しかし、凄い量の雪解け源水掛け流し

雪の下を下って来てますから水温は0~2℃でしょうか?
ビールを冷やしたら美味いでしょうけど
決して飲んではいけません。

雪はホコリ、チリを核にした氷結物ですから…
飲んでいいのは、岩木山に染み込んで濾過された水ですよ

「八戸 わ」カップルは残念ながら飲みませんでした…


スポンサーサイト



再訪…お山の駅 岩木さんぽ館 足湯

桜温泉を後にして、まだ時間もありましたから青森に戻らず
岩木山を目指して…

岩木山循環線の南麓には、20kmに6500本の桜並木を植樹した
「世界一長い桜並木」があります。
岩木オオヤマザクラ ネックレスロードというらしいですが
入口辺りでチラホラ咲いてるだけで、嶽に近づくにつれ
つぼみも固い状態でしたよ^^;

それに今年の豪雪で倒れていたり、大きな枝が折れていたりと
散々な状態ですから、満開時もどうでしょうか?(ーー;)





岩木さんぽ館には昨年11月に来てます
今回は温泉妻と混浴です

全部で24席でしょうか?
GWで混雑してほとんど埋まってますが、うまく夫婦2席空きました。

老若男女、当然素足で入ってますが…
何か異様な感じです


温泉妻が短い足伸ばして来てアピールしてます^^;

深さは30cmぐらいですが、浴槽の中の2個の席を取れば
寝湯として使えそうですが固定されているので難しそうです。

しかし無理すれば、席を避けて寝湯が可能と判断しますので
いつか車で目隠しして、湯破してみたいです


花見のやり過ぎで少々、頭が狂ってきました…_| ̄|〇


Read more...

再訪(100湯目)…岩木町・ニュー桜旅館 桜温泉

昨年の弘前城は満開に間にあわず、足元もグチャグチャでした。
今年は、バッチリ満開でしたがホコリが凄いですね…^^;

ということで予想通り、温泉へ

混雑する弘前城をあとに車は絶対に中心部へ向けずに
大きく迂回するように15分で到着しました。

昨年11月のリニューアル直後に伺って以来ですが
年明け頃から温泉井戸に不調があったようですが改修工事は
終わったようです。




350円のところを温泉本無料クーポンで…入湯

温泉分析書がやっとリニューアルしてました。
…ということは前回のは昔の源泉?(ーー;)

変わったところだけ…

源泉名:桜温泉
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)
 無色透明 微塩味無臭…微かにいい香りが PH:6.63
泉温:48℃ 湧出量:測定不可(動力揚湯)
 …目視推定男女同じなら400~500L/分




設備は同じでしたが、ドライヤーが2台置かれて無料のようです。

泉質自体は改修直後の正常な状態に戻ってるのですが
細かい砂が揚がってくるのか各浴槽の底のあちこちに
砂が沈殿して、舞い上がりますから大変です(ーー;)

投入口に布フィルター等を施すだけで解消出来るだけに
更なる「改修」に期待したいです。


弘前城のホコリは落とせましたが…

桜温泉の「砂」が身体に残ってます…_| ̄|〇


Read more...