FC2ブログ

雪が降ってきたので北陸へ

遊びじゃなく…金曜日から仕事でした。水曜日に予想より早い降雪見舞われたらしいのですが仕事ですから中止することなく…突入!お天気は雪こそ降らなかったけど……冬の日本海側らしかった…^^; お得意先様との珍道中でしたが…温泉もしっかり味わってきましたヨ。それと…27年振りの地は温泉夫婦の新婚旅行先再訪となりました。思えば27年か…^^;

寒くなりますネ。

いよいよ明日から関東にも寒波でしょうか?温泉マン宅も石油ファンヒーターの灯油充填完了して昨日から動き出しました。…床暖房は2週間前から稼動していますが早朝チョッピリですから…^^;ケチ今年はスタッドレスタイヤの要らないギリギリまで源泉攻撃しますヨ!…転勤が無ければですけど…(^_^)v

2008年・12発目…今年は月一ゴルファー。

先週の水曜日は接待ゴルフでした。…吉見ゴルフ場…接待といってもお得意先はお休みモードで気軽なサラリーマン同士の休日ゴルフのようなものでした。場所は埼玉県吉見町で荒川横の河川敷コースです。…昔は県営だったらしいが今は第3セクターに運営を任せているようです。…西コーススタートでしたがパットに助けられて…47後半の中コースもドタバタしながら…49のトータルは96でしたヨ…(^^♪…最近は気合入らず、こんなもんですワ…^^;関東平野のあちこちにも秋色が見えるようになってきましたネ。 これで今年のゴルフは終わりになりそうです…チョッキリ月一ゴルファーでした。(爆)

紅葉リベンジ

前日の鳴子峡の大渋滞を聞いた高東旅館のご主人のお勧めスポットということで伺いました。宮城県大崎市 鳴子 潟沼鳴子温泉街から山のほうになるのですが、鳴子温泉に行くこと事態、渋滞突入になりますので教えていただいた川渡温泉側から10分ぐらいで到着しました。 実はレストハウスに向かう前に湯気に誘われ…^^;シューシューバシュー!と蒸気噴出し配管の先はよくわからないが、どこかに持っていっているようです。湖岸には水だけポリバスや人工的な「穴」もあり源泉ハンターが野湯を楽しんだ後でしょうか?…温泉マンも時間があったら掘ったかも?…^^; レストハウス付近に風呂クレ号を移動して見回すと…左前方に…ここでも地球の息吹が感じられます。大好きな硫化水素ガスが吹き出ているようです。噴気孔に頭突っ込んでみたい衝動に駆られましたが我慢我慢…(爆)…しかしいい匂いが漂ってますなぁ~…本当は紅葉の隠れスポットということで教えていただきましたが結構湯ヲタには人気スポットになりそうですネ。 酸性湖ということで清潔感の無い湖水も舐めておきましたがPH1台程の酸味は無かったです。肝心の紅葉も鳴子峡よりもましと聞いてましたが、冷夏の影響で色付きはイマイチなのかな?これで温泉マンのみちのく宮城初攻撃は終わりになります。攻撃前にはいろいろとごまちゃんサン、おんせんたまごサンから現地情報いただきましたが、温泉妻優先の旅に徹しましたから今回はこんなもんですワ…^^;高速道路が一律1000円(自民党案)か無料(民主党案)になったら湯めぐりチケットで単独攻撃しますヨ!…

449湯目…宮城県大崎市 川渡温泉 共同浴場

朝飯前に伺いました。宿舎から歩いても行ける距離でしたが、開館時間が旅館のご主人に聞いてもわからず空振りの恐れがあったので…風呂クレ号で…共同浴場の隣に3,4台の駐車場もあり朝湯を楽しんだ爺様も確認して突入!組合員以外大人200円を料金箱に投入して…入湯==============================源泉名:川渡支所前源泉泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉) PH:7.2 黄色にして濁りなく、強硫化水素臭を放ち、微甘味を有し中性である源泉温:54.0度 湧出量:表記なし内湯:1…5,6人カラン:2個 アメニティ、ドライヤー:なし==============================目視推定で男女同じなら60L/分の源泉が使われているようです。高東旅館の東五郎の湯と似た感じですが、ここは入浴客の回転が早いのか源泉を湯桶で7:3ぐらいに加水して投入していました。…湯ノ花も同じような感じのが桶の中にたまっていましたので タップリ放流してやりましたヨ…(^^♪地元の大切な一湯でしょう。 がんばれ!!

448湯目…宮城県大崎市 川渡温泉 高東旅館 東五郎の湯

高東旅館の温泉は、別名「東五郎の湯」らしいです。現金での日帰り入浴は受け付けていないらしく、鳴子温泉郷で出回っている湯めぐりチケット・シール2枚で入浴できるところ、宿泊ですから無料で…入湯 ==============================源泉名:東五郎の湯泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性高温泉) 微黄色で濁りなく 硫化水素臭を発し、微かに甘みを有し、中性である (実感は微笹濁り 無味硫化水素臭 糸状湯ノ花有り) PH7.2源泉温:58.2度 湧出量:表記なし男内湯:3,4人カラン:1個 アメニティ、ドライヤー:なし 家族風呂:2,3人カラン:1個 アメニティ、ドライヤー:なし 温泉分析表詳細==============================4時過ぎで先客が居られましたが、しばらくすると貸切状態でした。今回の湯めぐりで初の硫化水素臭に出遭えホッとしました。湯口には大量の繊維状湯ノ花が付着しており、お湯を掛けてバンバン浴槽に放流してやりましたヨ…(^^♪源泉は目視推定10~15L/分投入され少ないながらも源泉掛け流し状態です。早朝、家族風呂に突入しましたが、50度以上の激熱状態で湯もみしても一向に入れず、膝まで速攻入湯だけで退散しましたワ…^^;…熱かった…_|?|〇; 上品な硫化水素臭をたっぷり味あわせていただきましたが、テレビ有料100円もこの硫化水素ガスが館内の機器類を破壊していくからだと思います。現に水栓金具類は緑青に犯され源泉の強さが感じられます。今度は自炊棟プランで泊り込んでもいい感じの一湯でした。

宿泊…宮城県大崎市 川渡温泉 高東旅館

車での移動では渋滞でどうしょうもない鳴子温泉エリアから脱出し、早めに当日の宿舎に戻りました。川渡温泉 高東旅館温泉妻がネットで探し当てたらしいところで、建物は建て替えられて築10年と清潔感が漂ってました。画像右側が玄関になり新館客室、左側が自炊棟客室となってます。 旅館といういうより、立派な豪農の自宅とう感じで玄関ホールは圧巻!部屋は6畳一間+広縁に洗面台で風呂トイレなし。テレビは有料で1時間100円となってましたが、ご主人の配慮で300円で1泊見放題にしていただきました。…テレビっ子の温泉夫婦ですから…^^; 夕食朝食ともに「松花堂弁当」夕食 朝食 注目はご飯!!味音痴の温泉マンでも唸る逸品です。なんせののは元々農家ですから「農家の新米」ですヨ…(^^♪じゃらんからの食事付き新館プラン@6752円でしたが、平日休日同料金というのも嬉しいですネ…(^_^)v

久々のみちのくの紅葉ですが…

昼食後、軽く鳴子峡へ行くつもりでしたが……東北で何でこんなにというぐらいに揉みに揉まれて…クニャクニャ_|?|〇;やっとこさ辿り着いたパーキングから温泉夫婦は転げ落ちそうな道を苦労して辿り着きました。おぉ~~鳴子峡!!…なんか色付き悪いな…^^;温泉妻にとっては、かなりハードな紅葉狩りだったようで「撤収命令」というより帰りも渋滞地獄でしたワ…^^;今夜の宿舎へ戻ったほうがいいようでした…(^。^)

宮城県大崎市 中華料理・楓林

青根温泉を後にして……ETC乗り放題なので宮城川崎から古川へ古川ICを降りてすぐに着くとナメテいたら、チョコチョコ渋滞とガッツリ渋滞に脇道攻撃で反抗しながら予定を大きく狂わしながら鳴子温泉郷の端っこの川端温泉の旧道沿いに佇むところに到着しました。中華料理・楓林ブログでお世話になっているごまちゃんサンに教えていただきました。 噂のジャンボ餃子に興味津々でしたが、それとレモン輪切りの入った塩ラーメンも気になりましたから…温泉夫婦で塩ラーメン@600円と餃子1人前@650円塩ラーメンはあっさりといただきましたが、餃子は…餃子と思えば腹が立つでしょうが、肉まんの一種「餃子饅」と思えばかなり判りやすいのですが…^^;最後の一個を譲り合うぐらいのボリュームでしたヨ…(^_^)v

447湯目…宮城県川崎町 青根温泉 じゃっぽの湯

遠刈田温泉をあとにして山に向かい10分ぐらいで到着しました。共同浴場というより立派な観光施設という感じがしますが…^^;受付横の自販機で300円の入浴券を買って…入湯==============================源泉名:大湯、新湯、山の湯、蔵王の湯、不忘の湯、花房の湯の混合泉泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) PH:7.6 無色透明 無味無臭源泉温:52.0度 湧出量:表記なし 内湯:1…L型で12,3人カラン:4個 アメニティ・ドライヤー:なし==============================連休中日の午前でしたが、意外と空いてました。それにしてもネーミングされた6源泉のミックスブレンド湯とは…^^;それぞれの単独源泉はどうなのか?かえって気になりますがネ。湯使いは流石で加水加温循環消毒なしの源泉掛け流しなだけに6源泉ミックスブレンドが残念です。 国道457号線沿いにあったために温泉街には足を踏み入れませんでしたがかなり鄙びた感じの温泉街がありそうですが…どうでしょうか?温泉夫婦が立ち去ろうとしたとき、山形ナンバーのバスで爺姥様軍団が到着しました。…国道457号線から山形自動車道・宮城川崎ICへ