355湯目…埼玉県春日部市 旅館就志 (太田原温泉)

東武伊勢崎線、武里駅の踏切の近くにあり、時々通っては
気になってました。

踏切待ちの車からの…このクソ暑い中、温泉かヨ!(爆)…と暗黙の視線が
少し痛いけど、無視しておきます^^;




源泉槽、加温装置を自慢げに晒しているところを通過して…玄関へ…

日帰り入浴600円を払って…入湯

==============================
源泉名:太田原温泉 太陽の湯
泉質:ナトリウム‐塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)
 無色透明 微塩味無臭 PH:9.1
源泉温:51.7度 湧出量:271.1L/分(掘削動力揚湯)


内湯:1…6人ぐらい
カラン:7個 アメニティ:ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、石鹸
ドライヤー:1…無料
==============================

首都圏によく見られる、スーパー銭湯の小奇麗さはありませんが
ホンワカゆったり感があり、休日の午後でも先客は御二人と
子供がギャーギャー騒ぐスパ泉とは縁遠い施設です。


天然温泉をアピールしてますが、残念ながら当地春日部で
湧出しているのではなく、遠くは栃木県の太田原市からの
ローリー輸送で加温、循環塩素消毒のようで、PH9.1の
パワーは消え去って、塩味も全くありません^^;

ただ窓の外から給湯用か加温用の石油ボイラーの排ガス臭が
浴室内まで漂っていましたワ…(~_~;)


入浴補助券10枚で一回サービスなのですが…半年で10回は無理^^;

しかし、源泉元の太田原温泉 太陽の湯には行って見たい気がします。


夏期休暇1湯目としては、かなりヘタレ湯からのスタートとなりました。


猛暑・日本島!どこまで戦えるか!?


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定