393湯目…新潟県湯沢町 越後湯沢温泉 下湯沢共同浴場 駒子の湯

5月4日早朝出発して「みちのく」と言いながら、いきなり新潟に入りました。

新潟でもメジャーな温泉郷の越後湯沢温泉郷ですが
温泉マンにとってはルーキーデビューのエリアに来てしまいました…^^;

事前調査が甘かったようで、素人のように町営駐車場に風呂クレ号を停めて
一湯目に歩いていきましたワ…(~_~)
…後で温泉妻、娘からブーイングが出そうなので
 早上りして車取ってきましたけどネ…^^;


それでも、と・と・とにかく着きましたヨ…^^;

共同浴場ですが、最近作られたかと見間違うぐらいに
こざっぱりとした施設です。

川端康成の小説「雪国」に登場するヒロイン「駒子」さんにちなんで
名づけられたそうです。



温泉一家3人分@500円×3=1500円払って…入湯


==============================
源泉名:湯沢町温泉管理事業第1配湯所
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
 無色透明 無味カルキ臭 PH:8.0
源泉温:57.3度 湧出量:表記なし


内湯:1…12,3人
カラン:10個 アメニティ:ボディソープ、シャンリン ドライヤー:4…無料
==============================


温泉マンが聞いた情報にあやまちが有ったようで加温循環ろ過の素晴らしい
観光施設でした…_| ̄|〇;

…観光的には川端ネタも多く展示してありましたヨ…(^^)v


雪を被った山々を見ながら駅近くに駐車場に一人で歩いていきましたが…
かなり辛かったです。


「線路を越えると そこは単なる過疎地だった」


…次なる一湯へ


AUTHOR: reev21 URL: http://reev21.blog98.fc2.com/ DATE: 05/07/2008 09:37:30 おはようございます☆

GWで少しはお休みになりました?
いつもお忙しい生活を送られているようなので、「過疎地」の温泉は
何よりの薬でしょう。 

青森の過疎地にも、他県ナンバーの車がワンサカ押し寄せていて、
賑やかでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定