407湯目…栃木県那須塩原市 畑下温泉 青葉の湯

新湯を後にして箒川沿いの共同浴場を攻撃することにしました。

温泉妻は大出館だけで疲れたので車中待機ですワ…^^;

畑下温泉あたりで川沿いにハンドルを切りましたが適当な駐車場がなく
ホテルぬりやさんの前で…「青葉の湯はどこですか?」と尋ねたら親切に
場所教えてくれて、おまけにぬりやさんの駐車場まで貸してくれました。

ぬりやさんの脇から入って川に出たら、吊橋を渡ったところに…


ありました。

比較的新しい施設のようで意外と小奇麗です。

施設管理料200円を投入して…入湯

==============================
源泉名:たぶん…畑下温泉何号泉か混合泉かな?
泉質:不明…しかし…たぶん…ナトリウム・カルシウム-塩化物泉?


(ほぼ低張性中性高温泉) 無色透明 微々旨塩味微妙な温泉臭
 PH:不明…ほぼ7かな?
源泉温:60度前後 湧出量:不明だけど…投入量:目視推定40~50L/分

露天:1…屋根付で4人前後
カラン:なし アメニティ・ドライヤー:なし
==============================

入湯時、目の前には5人の先客が居られ内訳は…
普通の男性…2人 刺青付男性…1人 カップル…2人


人生の縮図状態でカップルの女性はバスタオル巻きじゃなく淵に腰掛けて
前部のみタオル隠し状態で待ち構えてますヨ…^^;

刺青親父も含め全員が川の方に目線を送り女性に気遣っておりましたワ。

なんという温泉文化でしょうか!

こんな中、源泉は滾々と湧き出て、同時に加水用ホースからも水が
投入されてます。…全員で温度管理しているようです。




今度は一人ゆっくり入ってみたい一湯でした。



畑下(はたおり)温泉と読みます。


AUTHOR: おんせんたまご URL: http://blog.goo.ne.jp/onsentamago23/ DATE: 07/26/2008 23:50:51 勇気ある女性だ~!!!

大雨の嵐の日に行ったら誰もいなくてラッキー!と思ったらとても入れる温度じゃありませんでした。
冷たいくらいにぬるかった・・・
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定