472湯目…栃木県日光市 日光湯元温泉 奥日光小西ホテル

高崎の「湯都里」を出たのが昼前と言うことで…どこに行こうか?

迷った末に…北上!

RIMG3397.jpg
                        日光いろは坂

関東在住の小中学生にはお馴染みの日光東照宮中禅寺湖も軽くパスして
2時間半かかって辿り着きました。

これまた「温泉博士@6月号」掲載の一湯です。

RIMG3443.jpg

かなり年季の入った外観は周辺の森に馴染んでいます。

「温泉博士」を見せて日帰り入浴1000円のところ無料で…入湯

RIMG3415.jpg

=========================================
源泉名:奥日光開発㈱1、2、3、4、5、6、7号森林管理署源泉混合泉
泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)
                                      (中性低張性高温泉)
    無色透明で強硫化水素臭及び苦味、後にえぐ味を有する。 PH:6.6
源泉温:70.3度 湧出量:272.71L/分(掘削自噴)  温泉分析書
                     
内湯:1…7,8人
露天:1…これまた7,8人かな?

カラン:9か10個ぐらい アメニティ:ボディソープ、シャンプー、コンディショナー
ドライヤー:3個?…無料
=========================================

7本の源泉のミックスブレンドですが、噂どおりに浴槽内では見事に白濁した湯っこが
硫化水素臭を放ちながら待ち受けてくれて疲れも吹っ飛びました。

RIMG3435.jpg

親子連れが入ってくるまで貸し切り状態遊ばせていただきましたヨ…(^^♪

ここでようやく、みちのく脱北200湯目となりました…長かったなぁ~(~_~)

奥日光小西ホテル公式HP
関連記事
スポンサーサイト

Comment

高崎から北上というと水上、越後湯沢方面と直感するのですが、沼田から日光に出られるのですね。知りませんでした・・by関東人

よかったね~

温泉マンさん、久々の待望の硫化水素ですね。
温泉はこうでなくっちゃ!

日光の方にも良い温泉があるみたいですね。
奥日光に行ってみたいです。

こんにちわ

やはり白濁、硫化水素臭は魅力的ですな。
7本の源泉ブレンドですか~興味がわきますな(^^)

>Kage1さん

沼田からも行けますが、国道122が足尾銅山から見事に貫いてくれてました。

かなり酷道でしたけど…(~_~)



>おんせんたまごサン

久々のエネルギー充填でした。
ここは源泉が切れないように管理しているようで
観光客の存在を常に意識しているようです。

>温泉おやじサン

次なる一湯は単独源泉でした…(^_^)v

多分どれも同じようなものなので泉質的には同じなのでしょうが…^^;

7本の源泉が全て生きているのが、チョイ不思議ですが…
Comment Form
公開設定