488湯目…長野市松代町 国民宿舎 松代荘

シルバーウィークも中盤からの出発となりました。

大きな渋滞に巻き込まれることなく長野県に入りました。

2009_09220002.jpg
上信越自動車道・東部湯の丸SAより

とりあえずは温泉博士10月号に頼って長野ICで降りて、すぐ近くの施設へ…

温泉夫婦+温泉娘、大人3人のところ温泉博士2冊と500円で…入湯!

2009_09220012.jpg

===================================
源泉名:新第3号泉                               温泉分析表
泉質:含鉄(Ⅱ)‐ナトリウム・カルシウム‐塩化物温泉(中性高張性高温泉)
    微黄白濁を呈し 強塩味・鉄味・微炭酸味を有す  PH:6.5
源泉温:46.4度 湧出量:740L/分(掘削自噴)…5か月平均調査値

内湯:2…メインが13~15人ぐらい 半身浴が3人
露天:1…6~7人

カラン:10個 アメニティ:ボディソープ、シャンリン、石鹸 ドライヤー:3個…無料
===================================

国民宿舎ということで温泉は期待していませんでしたが、入ってびっくり施設のあちこちが
ベージュか茶色のコーティングだらけで源泉の濃さを一発で知らしめてくれました。

日蓮聖人や武田信玄の名前も出てくる隠れ湯らしく、納得の一湯です。

湯使いも源泉掛け流しというこれだけの施設では珍しいぐらいの演出です。

深く考えずに選んだ湯っこでしたが、一回の表、初球…ホ~ムラン!…の一湯でした。

国民宿舎松代荘オフィシャルサイト
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定