再訪(406湯目)…栃木県那須塩原市 奥塩原新湯温泉 湯荘白樺

4年振りの再訪となりましたが、温泉郷に近づいた時から
プーンと香る硫化水素臭にここの実力を思い出しています。

DSCN1385.jpg

湯荘白樺の源泉は宿舎内湯の裏にあり、新湯爆裂噴火跡より採り寄せているようです。

DSCN1343.jpg

早速、源泉に近い内湯から…入湯!…通常日帰り入浴は500円

温泉郷に入ってずっと嗅いでいたので臭いに対してはマヒしてきましたが
白濁硫黄泉は温泉マン最高の御馳走ですヨ!

備え付けの漬物容器に入っている「湯どろ」を体中にぬり付けて遊びました…(爆)

=======================================
源泉名:共同噴気泉(なかの湯)
泉質:単純酸性硫黄泉(低張性酸性高温泉)
 無色白濁 酸味苦味強硫化水素臭 PH:2.6
源泉温68度 湧出量:120.61L/分

内湯:1…4,5人
カラン:2個 アメニティ:ボディソープ、シャンリン、石鹸 ドライヤー:なし
=======================================

DSCN1352.jpg

続いて雨が降り出しましたが露天風呂へ…

午後6時から9時が女性専用TIMEでそれ以外は混浴となります。

先客が小僧連れで戯れていましたが、しばらくすると貸し切り状態になりました。

=======================================
露天風呂:1…瓢箪型でくびれに仕切りあり、2,3人と4,5人かな。
カラン:なし アメニティ:なし ドライヤー:なし
=======================================

2日間入りまくって、硫黄ワールドに浸らせてもらいましたヨ!…(^^)v

奥塩原新湯温泉湯荘白樺オフィシャルサイト
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定