605湯目…長野県山ノ内町 志賀高原硯川熊の湯温泉 硯川ホテル

酔っぱらって寝てしまい、9月8日早朝から点けっ放しのTVに起こされました。

2020東京オリンピック…決定!!

DSC03160.jpg

開催決定を祝して早朝から…入湯!

…実は宿舎に着いて3回目ですけど…^^;

DSC03161.jpg
内湯

DSC03167.jpg
冬季閉鎖期間限定露天風呂

近所に熊の湯温泉・熊の湯ホテルというのがあったので、そこの湯を分けてもらって
使っているのかと思っていたら「熊の湯温泉」はしっかり登録商標で守って分けて
いないようです。

硯川熊の湯温泉の源泉湧出湧出地は住所から見ると2~3KM戻ったスキー場銀座付近で
そこから送湯しているのでしょうか?

ここでは細かい湯の華が舞う、微白濁~緑白濁のいい感じで
いい香りを漂わせてくれています。

=====================================
源泉名:志賀高原(源泉?)
泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉(低張性中性高温泉)
   ほとんど無色透明、強硫黄味、苦味、強硫化水素臭を有す。 
   PH:6.5
源泉温:68.2度 湧出量:― L/分(掘削動力揚湯)

内湯:2…仕切られて大が12人、小が6人ぐらい 
露天:1…4人ぐらい

カラン:18個 アメニティ:ボディソープ、シャンプー、石鹸 
ドライヤー:2個…無料
=====================================

朝食後のチェックアウト前にも入らせてもらい計4回アビルマンしました。

いい香りの元、硫化水素ガスは如何なる金属も破壊し続け維持管理も
大変でしょうけど頑張っていただきたい一湯でした。

DSC03164.jpg

2020年東京オリンピック開催の時、ここの湯っこは必ず思い出せそうです。

志賀高原硯川熊の湯温泉・硯川ホテルオフィシャルサイト…温泉
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定