448湯目…宮城県大崎市 川渡温泉 高東旅館 東五郎の湯

高東旅館の温泉は、別名「東五郎の湯」らしいです。現金での日帰り入浴は受け付けていないらしく、鳴子温泉郷で出回っている湯めぐりチケット・シール2枚で入浴できるところ、宿泊ですから無料で…入湯 ==============================源泉名:東五郎の湯泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性高温泉) 微黄色で濁りなく 硫化水素臭を発し、微かに甘みを有し、中性である (実感は微笹濁り 無味硫化水素臭 糸状湯ノ花有り) PH7.2源泉温:58.2度 湧出量:表記なし男内湯:3,4人カラン:1個 アメニティ、ドライヤー:なし 家族風呂:2,3人カラン:1個 アメニティ、ドライヤー:なし 温泉分析表詳細==============================4時過ぎで先客が居られましたが、しばらくすると貸切状態でした。今回の湯めぐりで初の硫化水素臭に出遭えホッとしました。湯口には大量の繊維状湯ノ花が付着しており、お湯を掛けてバンバン浴槽に放流してやりましたヨ…(^^♪源泉は目視推定10~15L/分投入され少ないながらも源泉掛け流し状態です。早朝、家族風呂に突入しましたが、50度以上の激熱状態で湯もみしても一向に入れず、膝まで速攻入湯だけで退散しましたワ…^^;…熱かった…_|?|〇; 上品な硫化水素臭をたっぷり味あわせていただきましたが、テレビ有料100円もこの硫化水素ガスが館内の機器類を破壊していくからだと思います。現に水栓金具類は緑青に犯され源泉の強さが感じられます。今度は自炊棟プランで泊り込んでもいい感じの一湯でした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定