FC2ブログ

259湯目…岩木町・旅館岩木温泉

…当Doblog激重で記事が遅れてますm(__)m…


11/6軽いゴルフ練習で体がポカポカするどころか

逆に岩木山からの冷たい風に打たれ寒くなったので…


まずは岩木神社です。


七五三御参りのお客さんも消えかけてました。 

参道を50mぐらい行き、すぐ右側にそば屋さんがありますから

その横を入って行くとありました。


右側が浴舎ですけど、正面の入口から入って受付です。

浴舎外壁には温泉分析書が掛ってましたが
風雨に晒され、ボロボロで読めません(~_~;)

オジサンに300円払って…入湯


=============================
源泉名:不明
泉質:含土類?・・・硫化水素泉
 無色微々混濁 無味無臭 PH:不明
源泉温:不明 (使用位置で約50℃)
湧出量:不明 (目視推定男女同じなら150~200L/分)

内湯:1…手前から熱い源泉を投入して熱ぬる分離タイプで7人
カラン:なし アメニティ:石鹸、シャンプー、リンス…空になっていたけど
ドライヤー:なし
=============================


カランはありませんから、貯湯槽で汲んで使うのですが
それもかなり熱いです(~_~;)内湯の一番端っこで洗いました。

給湯パイプが途中ではずれ、ドバドバ床に掛け流されてますが
赤茶けた成分と石膏成分のこびり付きは素晴らしく
泉質の濃さを感じました。

チャンと本殿までお参りしてから入ってもいい一湯でした。


AUTHOR: ひろ「悔いの無い」 URL: http://blog.livedoor.jp/hiroaki_shimanaka/ DATE: 11/08/2005 13:50:16 コメントありがとう、先ほど青森の夏祭り、じっくり見させて頂きました、素晴らしい写真ですね。
ねぶたは世界に誇れるものだと思っていますが、地域の祭りとかち合っている為十年以上見る事が出来ませんでした、おりがとうございました、惚れ惚れします、携帯からだとだめですね、温泉も大好きです、情報楽しみ
関連記事
スポンサーサイト



Comment

不明・・・がいっぱいだけど、車はいっぱい。

こだわりなく、いいお湯なんでしょうね。





>amanogawaさん
車ナンバーの県名まで確認してませんが、いっしょになったスキースクールの
関係者の方が…「これじゃ関東からのお客さんは宿泊無理かな…」でした^^;

激重Blogでご迷惑おかけします(ーー;)
Comment Form
公開設定