白鳥飛来地・小川原湖

「道の駅・おがわらこ 湖遊館」から県道に戻らずに

左に真っ直ぐ小川原湖海水浴場に立ち寄ってみたら
ちょうどエサやり時間だったようです。

左側の職員の人は雨も降ってないのに雨合羽着てますヨ?^^;

そうなんです。
鳥たちによる空爆…糞攻撃に備えてるようで、温泉マンも
すぐに傘を取りに戻りましたヨ^^;


白鳥、カモ…エサに向かってまっしぐら!!

ヒッチコックの映画のようです(~_~;)


「それでは日本野鳥の会の皆様…宜しくお願い致しま~す!」

…実際こんなに動き回られたら数えられんやろな(~o~)…


「わてらは白鳥の気品を持ってるんや…ガツガツせえへんデ。」

「早よ~行かな…無くなりそうやけど…」


「あんたぁ~!早よ~行けぇ~!!無くなるぅ~!!」

「後からギャ~ギャ~言いなや…今混雑してるやんか…」


「あんたがトロいから、無くなってまうやんか!」

「おまえが後からせかすからやんけ!」

「あほ!」

「ぼけっ!」


気温3度の小川原湖でしたが白鳥たちが織り成す熱いドラマが
今日も繰り広げられてますヨ(^_-)


AUTHOR: マサ EMAIL: masa-en@gw8.u-netsurf.ne.jp URL: http://blog.livedoor.jp/enmasa100/ DATE: 11/24/2005 06:24:37 白鳥も数羽なら華麗で素敵だけど
こんなにいると
ガッカリです。
(優雅さはないです。)
(彼らも生き物だから仕方ないけど)
なんだか、舞台の裏を見せられたような感じがしました。
でも、なかなか感動的なシーンですね。

マサでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

白鳥ってもっと上品かと・・・^^;

お疲れ様です。
余りにも数が多いと、ちょっと圧倒されますね。
また、ちょっと臭うし...(^_^)
八戸の近くでは、下田町の下田公園にもかなりの白鳥が飛来して来ますよ。
http://www.town.shimoda.aomori.jp/html/town/swan/index.html
この大群の中には、新型インフルエンザを背負って飛来して来る鳥も、いるかも知れませんね。
そう考えると...。

あッ!そうそう、温泉マンさん!
ブログのタイトル通り、かなりの温泉を制覇していらっしゃいますね。
御見それ致しました。
はッ、はぁ~(土下座)
で、紹介されました2004ブログで、三八地区を見ましたら...
なッ!なんとまぁ、自分の近くのエリアまで攻略されているではないですか!
地元の記事を見て嬉しく思い、2004ブログの方へコメント入れときました。
(^_^)

あはは!白鳥もカモも好きですが、
これはすごいですね~!人口密度ならぬ、鳥密度が・・・(笑)。
やっぱトロい子は食べられないんでしょうね・・・

アハハハ、白鳥の関西弁が面白いです。
津軽弁バージョンもお願いしたいところです。
小倉弁は語尾が「ちゃ、ちゃ、」だからつまらない・・・

>ひろサン
うちの夫婦はこれに手足が出ますから…_| ̄|〇;ヒェ~

>tengtian60さん
外見は「白い」けど…腹の中は意外と…^^;

>TEZさん
鳥インフルエンザは南の方からですから
とりあえずは安心でも南まで行った鳥と混じった
北帰行のときが、やばいかも…^^;

あとで2004の方へ行きます(^_-)

>かすてらサン
そのとおりで、エサから離れたところで
ギャーギャー泣くだけの白鳥がいましたヨ^^;

>kumi8793さん
「早よー行かなぁ~つまらんちゃ!!」
津軽弁より小倉弁の方がまだ出来そうです。^^;
…津軽弁=フランス語、第2外国語ぐらい難しいです(~_~;)…

オヤジ思いますに、白鳥やカモが居りゃ~いいってもんじゃないですな。
下田町の間木堤もそうですが、ガチャガチャ、びゃばぎゃばでもう大変
様相。

坪川のように”質素”な方が飛来地が好きです。

>reevさん
優雅に佇んでくれていたら最高ですネ(^_-)
とにかく傘が要るようでは…^^;
Comment Form
公開設定