297湯目…大分県別府市・竹瓦温泉

九州最終日の14日、新北九州空港発まで数時間ありましたので
出来る限り回ろうと思いましたが、ネボスケ温泉親子のスタートは
遅く、別府の有名処ということでやってまいりました。

有名どころなのですが、道が狭くて解りにくいところにありました。

温泉息子に車内ウェイティングを命じて、路地を走って
やっとこさ到着です。^^;



別府のシンボル的存在の竹瓦温泉です。

ここから勢いを付けて、別府八湯を攻撃したかったのですが…

江戸時代からあり、建物は昭和13年のものですが築65年ぐらいかな。
温泉施設としてはもったいないぐらいですヨ(^_-)-☆

公共施設で砂湯まであるようですが、一般入浴の100円払って…入湯


まず待合所ですけど、ここも木目の重厚感が掛け流しですヨ(^_^)v

男湯に入り、見下ろしたところに湯船がありました。
ということで脱衣所は湯船からストリップステージです(爆)

…同性同士でも微妙な感覚を楽しんでください^^;…


==============================
源泉名:竹瓦温泉
泉質:ナトリウム‐マグネシウム 
炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性幸温泉)
 シジミ汁色 無味無臭 PH:不明
源泉温:57.9度 湧出量:不明

内湯:1…半小判型で見ての通りの5,6人
カラン:2個…水だけかも? アメニティ:何もなし
==============================


さすがに歴史ある一湯です

激熱湯にフラフラになりつつも、2回入りましたヨ^^;

なにか濃いシジミ汁に身を沈めてるような感じですが
ここの底力をジンジン感じとりました。

待合所の自販機も雰囲気を壊さないように
同系色に塗り替えられてました。

帰省Uターンラッシュが始まるかもということで
今回はここだけになりましたが、いつか温泉道を極めたいものです。


AUTHOR: ゆさ URL: http://plaza.rakuten.co.jp/yusayusa1114/ DATE: 08/16/2006 21:19:30 別府、あこがれの温泉地です☆
定年退職したら、別府八湯温泉道の表泉家に挑戦するべく
今日から、リンク先でじっくり勉強を始めます(笑)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定