299湯目…山形県米沢市・姥湯温泉 枡形屋

道中の厳しさで有名なところだけに…

改良されたS字カーブにも、わざわざ取扱説明書ですか?(爆)

人によっては「スイッチバック」して登ったらしいが
今はS字カーブを「切り返し」て進んで下さい(爆)

ここが最難関ですけど、もう冷や冷やのルートを辿って
途中ニホンザルにも見られながら、ようやく到着


画像吊橋の向こうが駐車場でテクテク歩いて5分ぐらいかな…

出来れば荷物運搬用のロープウェー
人間も引き上げて欲しいのですが^^;




ここも日帰り入浴は露天のみということで、受付に500円払って…

更に登ります…_| ̄|〇;

…内湯で一服するとここのイメージ良くなるのに(-_-;)…


手前の女性専用露天を当然パスして…

混浴露天ゾーンに…入湯
=============================
源泉名:姥湯源泉
泉質:単純酸性硫黄温泉(低張性酸性高温泉)
 無色透明 微酸卵味 PH:2.4
源泉温:51.0℃ 湧出量:400L/分(自然湧出)

露天:2…両方共に混浴で下の湯が12,3人、上の湯が7,8人かな…


カラン・アメニティ・ドライヤー:絶対無し
==============================

ここも開湯450年の歴史ある一湯です。
湧出地で51℃の源泉は湯畑状に冷まされたりして
使われ目視推定30~50L/分投入されているようです。

現在の源泉湧出地は川の対岸崖からですから、
地殻変動で微妙に変化しないか心配な一湯でした。


AUTHOR: reevオヤジです URL: http://reev.exblog.jp DATE: 08/18/2006 06:51:35 ご苦労さまです!

会社の同僚に米沢出身者がいるので、「姥湯温泉」という名前は知っていましたが、こんなに険しい場所にあるんですか、びっくりです。
それに、露天風呂がいくつもあるんですね。
日帰り入浴だけだというのも驚きです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

10年近く前に福島勤務時代に何回か行きましたが、私はスイッチバックで通過しました。洪水で壊れた露天風呂を改修した直後でしたがナカナカでした。でも、浴効が良すぎてぐったりしました。泊まると、発電機が夜停止して秘湯感抜群でした。

やはり姥湯でしたね、きっとここだろうと思っていましたよ。
ダイナミックな混浴にはまだ入ってないんです・・・
いつも人がいっぱいでさすがの私も入れません。

いつか、いつか入ってやるぅぅ;う~!!(泊まればいいんですよね)

>もとやんサン
50前後のスナックのママ風と土建屋の親父風のカップルが
入ってましたが、意外と堂々と入るので目のやりばに困ってしまいましたヨ^^;

>sadosuさん
福島、山形ナンバーの車ばかりでしたが
関東からは何度も行ける所じゃないですネ。

>おんせんたまごサン
あの混浴は宿泊して、深夜懐中電灯持って狙うしかないかもですネ^^;

姥湯行ったんですか?
私が行ったときは崖崩れかなんかで、通行止め!
一時間くらい歩きました。
秋田の後しょ掛?温泉もお湯が昔と変わって、濁りがなくなってきてると知人が話してました。
あぁ~温泉マンさん転勤なしですか?
あきらめない、あきらめないどんでんがえし・・・ウニウニw

>amanogawaさん
後生掛温泉の泉質が変化してますか…
温泉は生き物ですから、悪くなったり良くなったりですから
いい時代の湯っこをタップリ味わいましょう。(^_-)

今年の阪神の状態じゃ奇跡しかありませんネ^^;

Comment Form
公開設定