鍋のシーズン突入前ですから・・・

ミツカンから届きました!

ミツカン味ぽん 黒酢ゆず

どんな鍋に合うか…?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今では、基礎調味料として多くのご家庭で使われているぽん酢も、
昭和30年代までは一般家庭にはそれほど普及しておらず、もっぱら
料理店で味わうものといったイメージでした。

そんな中、前社長7代目中埜又左工門が、博多で取引先との宴会に
出席した時のこと。
その夜は「博多水炊き」が料亭のメニューでした。
その際に食べたぽん酢の味の美味しさに魅了された前社長が、
「これをなんとか商品化して、家庭でも味わって欲しい!」 と思いたった
のが開発のきっかけ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぽん酢の語源は・・・
=============================
”ぽん酢”の語源は、オランダ語で柑橘果汁を指す
「ポンス」(pons)が語源とされています。
「ポンス」は、江戸時代の日蘭貿易の中で日本に伝わりました。
日本人は古くから「酢」を食の中に取り入れており、その酸味に親しんで
きたことから「ポンス」に含まれる柑橘果汁を調味料として
用いるようになりました。
こうして、柑橘果汁を含んだ酸味のある調味料を”ぽん酢”と呼ぶように
なったのです。
そして、柑橘果汁に醸造酢を加えた”ぽん酢”に醤油を加えて味付けを
した”味つけぽん酢”という言葉を縮めて、「味ぽん」という名称が
生まれました。
=============================

ぽん酢を持ってるのは、帰省中の温泉娘ですワ(爆)…故郷博多水炊きでもしますか?


AUTHOR: あららー DATE: 10/02/2006 23:41:10 黒酢のポン酢って、初めて見ました。
昔は、味ポンぐらいしかなかったと思うのですが、
今はたくさんのポン酢が並んでますね。

大阪南部の旭ポン酢ってご存じですか?
大量生産はしてなくて、ほんと大阪の一部地域でしか
入手できないのですが、これが絶品なんです。
ネットで検索すると、お取り寄せもできるようです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

まあ、メーカー品よりは若干高いですが、
めちゃくちゃ高いものでもないので、
取り寄せる価値はありますよ。
とてもスダチなど柑橘系の酸味が利いていて、
酸っぱいのですが、やみつきになるポン酢です。

昨年だったか、Doblogで取り寄せる人が増えて、
みんな美味しいとの感想でした。

馬路村のも美味しいのですが、
この酸っぱさはまた違った味ですよ。
3月まで四国だったので、結構地元徳島のローカルなポン酢や
室戸岬の道の駅に売ってるポン酢など使ってました。

>温泉妻さん
温泉マンは食べてませんけど・・・(-_-;)


>あららーサン
柑橘系の酸味・・・ますます興味津々ですヨ(^_^)v

Comment Form
公開設定